トイレに入ったらまず手を洗え!新型コロナはアソコからも感染する!?

宮沢孝幸が教える驚愕の新事実!新型コロナはアソコからも感染する! 宮沢孝幸

トイレで用を足してから手を洗うのは、フツーのことですよね。ちゃんと洗ってないって人もいるかもしれませんが、なんとなく汚いから「洗わなきゃ」くらいには感じているはず。

ところがウィズコロナの世界では、トイレ後の手洗いだけでは感染予防が足りないかもしれません。これから新型コロナの感染予防として、特に男性にオススメしたいのは、「トイレに入ったらまず手を洗おう」です。

え?なんで?って思いますよね。意味不明だろ!おいっ!というお叱りのお声も聞こえてきそうです。しかし、まだ全く知られていませんが、これは知っておくべきコロナの予防知識の一つですので、心してお知らせします。

さて、今回もウイルス研究歴33年の宮沢孝幸みやざわたかゆきさんに、ご登場いただきましょう。現役のガチ研究者である宮沢先生に、新たな感染リスクについて教えてもらいます。聞きにくいことを皆さんに代わってガンガン聞いていきますよー!(Cream取材)

監修:京都大学 ウイルス・再生医科学研究所
宮沢孝幸さん
Twitter @takavet1で最新情報配信中!

ウイルス研究33年 実験大好きな研究者
・東京生まれの関西育ちでキャラ濃いめ
・東大卒(東大初の飛び級で卒業)
・イギリスの大学、国内の大学で研究
・英語で200報以上の論文発表
・現在は京大でウイルス研究
・京大医学部の授業なども担当
・感染症と公衆衛生学にも精通
大の猫好きで愛猫家
・愛称はにゃんこ先生(たまに猫化)
・趣味はピアノを弾くこと
・大阪府のコロナ専門家会議に参加
・Twitter @takavet1で最新情報配信中
・もっと詳しいプロフィールはコチラ

宮沢
宮沢

この話しちゃいます?可能性としてはもちろんアリなのですが…内容的にだいぶ話しにくい気がします…。

Cream
Cream

下ネタ連発という事態になりそうですもんね…。

絶対気まずいですよー。シモの話はしにくいので、政府もマスコミもどんちゃん騒ぎとひっくるめて「夜の街」なんて言ってるくらいですから…。

そうです!政府もマスコミもハッキリ言えない内容だからこそ、先生が言わねばならないのです!

私は下ネタはちょっと苦手なんですけど…。(恥ずかしいです…)

おまかせください!必要なことなので、使命感に燃えてがんばってシモネタります!

新型コロナウイルスの情報は随時更新されていますので、厚生労働省首相官邸の最新情報もご確認ください。本サイト情報を参考にした結果生じた損害等については自己責任となりますので、ご注意ください。

ウイルスの侵入口を確認する

ウイルスの侵入口を確認するイメージ

まずウイルスが体内へ侵入できる場所を確認していきましょう。ウイルスは、目鼻口そして傷口からも体内に入る可能性があります。

そのため、ウイルスが付いた手で目鼻口をさわったり、傷のある手にウイルスがつけば、そこからウイルスが体内に入ってコロナに感染してしまうかもしれないのです。

ここでふと思いついたのですが…目鼻口と傷に共通しているのは「粘膜ねんまくではないでしょうか。そして粘膜は、唾液や鼻水のようなネバネバした液(粘液)でおおわれていますよね…。

ん?粘膜って…体の中にまだありますよね?ウイルスが侵入する場所ってひょっとして他にもあります?

粘膜からは入りますねー。

えっと…オブラート面倒なのでまぁまぁハッキリ言いますけど…男性器や女性器にも粘膜ありますよね?そこからも入ります?

入る可能性ありますよー。

えっ…マジですか…それ、ヤバくないですか…?

ヤバいかも…ですね。

トイレでの感染リスクとは?

トイレでの感染リスクとは?イメージ

性器の粘膜からウイルスが侵入するリスクあるんですか…。そうですか…。と地味に嫌なリスクがわかったところで、トイレでのヤバめな状況を考えていきましょう。

えっと…トイレで立って放尿する時に男性ってアソコ持ちます?(精一杯のオブラート)

持ちますねー。

その時、手にウイルスがついてたら…先っちょの粘膜部分から入って感染することもあります?(精一杯のオブラート)

可能性ありますね。

えーっ!それならアソコをさわる前に、手を洗ったり拭いたりした方がよさそうですよね?

そうですね…。

感染経路が違うことによる症状の違いってありますか?

わかりません。そういった研究データはまだ見たことがありませんね。

そうですかー。女性は紙で拭くときくらいしかアソコにふれる可能性ないから、あまり気にする必要ないかも…?

トイレでは女性の方が感染リスク低そうですね…。

ああっ!でもやっぱ気をつけた方がいい時もあるかもです!(タンポン入れる時はリスク高そう!

ここから下の内容は下ネタ濃度がキツくなりますので、ご注意ください。コロナ感染予防の知識ですが、学校などで十分な性教育を受けた大人の方のみご覧くださるようお願いします。

お子様には、大人が読んで必要なところだけ伝えるようにしてくださいね~。

トイレ感染よりもヤバい「大人の感染リスク」とは?

トイレ感染よりもヤバい「大人の感染リスク」とは?イメージ

性器から感染する可能性ありとわかったところで、勘の良い方は「トイレよりヤバいことがある」とピーンときたかもしれません。下ネタはとっとと終わらせたかったのですが、ふと浮かんだ疑問を解消するためにさらに続けることにしましょう。

アソコからの感染って意外とヤバいかもですねー。

あ、あの…先生…。コロナ感染者の口の中には、たくさんウイルスいますよね?

いますよー。感染者のウイルス排出量は場所によって違いますけど、唾液中には大量に存在することがわかっています。

…ということは、手からの接触感染じゃなくて、口から直接…性器にウイルスが入ったら…リスク高くないですか?

そりゃ、口からだとダイレクトなので感染リスクは高いですよねー。

…てことは、つまり…その…

ああっ…!

オーラル…性器に唾液がつくような行為はヤバいんじゃないですかー!無症状の感染者でも唾液にはウイルスたくさんいるんですからー!

ですね!オーラルヤバい可能性あります!(気づいてなかった…)

この感染経路って初耳なんですけど、専門家会議で議題にあがりましたかね?言葉にするのもだいぶ気まずいですけど…。

たぶん出てないんじゃないですかねー。「夜の街」にもキッチリとは踏み込めていませんから…。

ですよね…。夜の街にも色々あって…飲み屋、カラオケ、キャバクラ、ホストクラブはもちろん、性風俗…店だけじゃなくてデリヘルとか…もっといくらでも濃厚接触あるのに、そこはボンヤリですもんね。

これぞ本当の濃厚接触ですね!「夜の街」って言ってても実際は朝でも昼でも営業してるところありますし…。しかしこれは指摘しにくいです!唾液交換も言いにくかったので…。

唾液交換(キス)はもちろん、ドリンクの回し飲み、1つのアイスを誰かと食べる、同じスプーン使うとか…とにかく間接キスみたいなのも全部リスク高いんですよね。

ダメですねー。他人の唾液がついているような場所をなめるような行為は、すべて感染のリスクあります。

キスとか顔なめるのはもちろん危険で…さらに性器などの粘膜に唾液がつくような行為もヤバいってなると、性風俗は大変ですねー。

今まで上半身のことばっかり考えてましたけど、下半身にも感染リスクありますねー。

このリスクについて政府が発表する日は来ますかね…?(永遠に来ない方に賭ける…)

感染リスクを減らすための情報ですので、いずれ発表されるといいのですが…。

ハニートラップ by Cream

間接キスでの感染リスクについて話していたところ「そーいえば昔すごいキレイな女の子とスパゲッティ食べに行ってさー!」と、M氏は素敵な思い出話を聞かせてくれた。

その美しい女性とM氏は恋人同士ではなかった。しかし2人で渋谷に出かけた時に「これいる?」と、ふいに彼女は自分がなめていたソフトクリームをM氏に差し出したそうだ。

「今思い出してもめっちゃドキドキします~!」…一気に青年時代に戻るM氏。このシーンを思い出すと今でも甘酸っぱい気持ちが蘇るようだ。

私は気になることを確認してみた。「それって今だったらコロナ感染するからやっちゃダメですよね。でも美女にそんなことされたら、男ならそのノリにのっかりますかね?

「のっかるのっかるのっかるのっかるー!(食い気味の即答)」

…男性にとって困難な時代が来たようである。

まとめ

まとめイメージ

今回は、新型コロナウイルスのさまざまな侵入経路と、それに伴うリスクについてお知らせしました。どんな内容だったか軽くふり返ってみましょう。

コロナのさまざまな感染リスク
  • 新型コロナウイルスは、体の粘膜から侵入する可能性がある
  • 目鼻口、傷、性器の粘膜からも侵入する可能性がある
  • トイレで排泄する前に手を洗うと、性器からの感染リスクを減らせる
  • キスはもちろん、回し飲みなどの間接キスも感染リスクが高い
  • 性器に唾液がつくような行為は感染リスクが高い
  • 性風俗のサービスは感染リスクが高いものが多い

今まで目鼻口や傷からの感染リスクについての情報はありましたが、下半身からの感染リスクについては初耳だったのではないでしょうか。

下ネタを真面目に話すのは、気恥ずかしさもあってなかなか難しいですよね。しかし「性器から感染する可能性がある」と意識するだけでも、気をつけられる行動はあるはずです。

日本は新型コロナによる死者数が少ないので、つい気が緩みがちですが、ちょっとした注意を心がければコロナの感染リスクを激減させることができます。

今までに皆さんががんばってコロナ予防した成果は、確実に出ています。人に対する気配りや思いやりの力で、新型コロナに負けることのない生活スタイルを定着させていきましよう。

1/100作戦とちょっとした注意で、コロナ禍を乗り切っていきましょうね~。

新型コロナウイルスを感染しない量(約1/100)まで減らして、感染力をなくす作戦のこと。ウイルスによって感染する量に違いがあることから、ウイルス研究者である宮沢孝幸みやざわたかゆきが考案した世界初のコロナ予防作戦!

ノロウイルスは超微量で感染するが、新型コロナは超微量では感染しない。せっけんつけてゴシゴシ手洗いすれば、ウイルスはゼロになるかもしれないが、新型コロナはそこまで減らさなくても感染しない。

1/100作戦について詳しく説明した動画↓

【自粛しない感染予防】宮沢先生再登場!ご存知の方も多いかと思いますが、改めて「1/100作戦」を提唱します。あと、免疫の話と居酒屋トークの仕方を教えていただきました。
タイトルとURLをコピーしました